« 紅ショウガの作り方 | トップページ

2021年8月23日 (月)

けいちゃん焼きの作り方

アウトドアでもイケそうな料理レシピ第2弾でございます。
今回は岐阜県民のソウルフード「けいちゃん焼き」を作ってみました。

この料理を最初に見たのは、「県民ショー」だったでしょうか?
単純にうまそう!!食べてみたいと思いました。

この料理、本来は産卵期を終えた「ひねどり」を使用するみたいです。
「ひねどり」は肉質は硬いのですが、噛めば噛むほど味が増してきて美味しい
鶏肉です。でも近所のスーパなどでは見かけないので若鶏で。。。

ちなみに福井県が発祥の「秋吉」という焼き鳥屋さん、ここでは「ひねどり」の
焼き鳥が食べられます。「純けい」という焼き鳥でからしを付けていただきます。
おいしいです。最近行ってないわ~(T_T)
Tyotin

ちなみにお味噌も岐阜らしく八丁味噌などを使ってみたいのですが、ここは普段使ってる
合わせ味噌で。。。

まず鶏モモ肉、300g~500g位(4人前)を一口サイズに切ります。

006_20210821024301

【タレ】
 味噌   大匙2
 酒    大匙2
 みりん  大匙2
 醤油   小匙1/2
 にんにく 小匙1/2(お好みで倍増。。。)
 生姜   小匙1/2(お好みで倍増。。。)
 豆板醤  少々(お好みで倍増。。。)
これをベースに子供さんがいるとか、甘い方がお好みの方は
豆板醤を抜いてお砂糖を小匙1~2とかでもよろしいかもです。

このタレを先ほど切った鶏肉にもみ込みます。。。

009_20210821024401

プログランキング参加中!よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

先ほどの鶏肉はラップして冷蔵庫で20~30分ほど寝かせます。

【野菜】
 キャベツ
 にんじん
 玉ねぎ
 ニラ
 もやし
 etc...
 好きなお野菜をお好きなだけ切ってください。
 きのこ類も良いかも。。。

012_20210821024701

015_20210821024801

018_20210821025001

アウトドアに持っていくなら、これらをジップロックとかに入れてクーラーバックに
入れとくと良いですね。。。

鉄板(お家でやったのでホットプレートですが)で、まず鶏肉を焼いていきます。

021_20210821025101

味噌が焦げるので、少し弱火でやる方がいいです。

024_20210821025101

ある程度鶏に火が通ったら、野菜をぶち込みます。
この時は、鶏肉に混ぜ込んだタレのみでやりましたが、鶏肉がタレをほとんど吸い込むのと、
野菜から水分が出るので野菜に絡むタレが少ない気がしました。
濃い味が好みの方は追いダレ(先ほどのタレの半分~同量)を用意しといた方がいいと思います。

最後にネギ(京都なので九条ネギ。。。)パラパラ。。。
2回目作った時はもみだれに直接入れました。こっちの方がおいしいかも。。。

027_20210821025401

お味噌味なので熱々ごはんに乗っけて食べるのが吉。
ビールにも抜群に合いますよ。。。

今回は若鳥での調理でしたが、味噌味という濃い味に対抗できる、濃い味わいの「ひねどり」が合うような気がします。
「ひねどり」なかなかスーパーには置いてませんが、あればぜひ使いたいと思います。
もしくは上記「秋吉」の純けいをお持ち帰りで買ってそれを材料にしたらいいかな。。。

Have A Nice Camp!!

追記: とかワーワー言うておりますが、本来の「けいちゃん」まだ食べた事ないのですね。
        岐阜県民の皆様、本来はこのレシピだとかありましたら、コメントにて教えてください。
   よろしくお願いいたします。

作るのは面倒くさいと思われる方、本格的な味が食べてみたい方には、↓をおすすめ。

 

プログランキング参加中!よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

|

« 紅ショウガの作り方 | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。